にこにこ納品 ヤマハ U3A クリーニング

ヤマハのU3Aのクリーニング作業を承りました。

ご実家にあるピアノをクリーニングして自宅に移動したいというご要望をいただき、ピアノを先ず弊社に引き取りました。

そこで内部の状態を確認すると、ヤマハのこの時代のピアノにはお馴染みのバットスプリングコードが切れていました。その張替え作業と鍵盤木口の貼替え作業も一緒にご提案したところ、せっかくの機会だということで、両方ご依頼いただきました。

外装に大きな傷があまり無かったので、磨き作業でとても綺麗になりました。

全ての作業を終え、ご納品させていく際に、耐震インシュレーターの取り付けを運送屋さんにお願いしました。ところが、設置場所がピアノ専用に用意したコの字型のスペースにはめ込むという状況だったので運送屋さんが作業出来ずに一旦普通のインシュレーターを履かせて、私が改めて取り付けにお伺いすることにしました。

ピアノ専用ジャッキがあれば、この様な条件でも問題無く取り付けが出来るので便利です。

作業終了後、ご説明をしてからお子さんと一緒に写真を撮りました。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にこにこ納品 ヤマハ U3M ナイトーンプロ付き

納品調律にお伺いしました。

こちらはヤマハのU3Mにナイトーンプロフェッショナルモデルを取り付けたピアノです。ショールームにはご家族皆さんで名古屋からお越し下さいました。

マンションにお住まいということで、初めからピアノにナイトーンを取り付けてのご購入をお考えだということでした。先ずはナイトーンを取り付けてあるピアノを弾いて頂き、仕組み等もご説明しました。

消音ピアノも弾いて比べてもらいましたが、ナイトーンの方がお好みだったようで、予定通りナイトーンをご選択下さいました。

あとは、どのピアノを選ぶかという所で私としては、マンションの防音対策としてナイトーンを希望されていたので、背の低い1型をお薦めしました。ご主人様のその方向で一度はご理解いただけたのですが、お嬢さんが通常弾く時の音が良い3型が好きであるというご意見でした。

そこでひと悶着あったのですが、結果的にはお嬢さんの意見を尊重して3型のU3Mに決めました。あとナイトーンを取り付けることは決まっていたのですが、ライトにするかプロフェッショナルにするかでお悩みになりましたが、やはりどうせ取り付けるならタッチの良いプロフェッショナルにしようということになり、ヤマハのU3Mにナイトーンプロフェッショナルを取り付けてのご購入に決定しました。

納品調律にお伺いすると、ご家族皆さんいらっしゃいましたので、一緒に見ていただきました。調律を終え内部やナイトーンの説明をしてから、写真を撮りました。

お嬢さんは小学生でしたが、高学年ともなると写真は恥ずかしいというので、ピアノのみの写真となりました。

名古屋はやはり大都市ですので、益々ナイトーンの需要が増えてくるでしょうから、来る機会が増えそうです!

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

「まちゼミ」ピアノの中ってどうなってるの?開催!

「まちゼミ」ピアノの中ってどうなってるの?を開催しました。

「まちゼミ」とは、浜松市内の色々なお店が開催するミニ講座のことで、店主自らが講座を企画し、講師となってそのお店ならではの専門知識や、プロのコツを無料で教えるというものです。

 

当初は浜松駅前の中心部で行われていましたが、好評で参加者も増えてきたので、だんだん郊外にも広がって来ました。そこで今回弊社でも講座を開催することとなりました。

 

以前も小学生等を対象にこの様な講座を開いたことがありましたので、ピアノの歴史からピアノを分解して、内部の構造説明や鍵盤がどう動き、音を発するのか等を中心にプログラムを組みました。

各小学校にまちゼミのパンフレットが配われて、そこから参加者の応募をいただきました。この夏は2回講座を開く予定で応募を募ったのですが、参加希望者が多数だったため抽選となりました。

まちゼミとしては1講座10人程度の小規模で開催するというのが基本方針だったため、何組か参加をお断りしたのが心苦しかったですが、また半年後位に次回開催予定ですのでその時に参加いただければと思います。

先ずはピアノの歴史の説明から始まり、その流れでグランドピアノの説明からさせていただきました。

アクションを引き出して鍵盤の動きからハンマーの動きを説明したり、アクションを筬から外して鍵盤を取り外し、鍵盤の構造や鉛の役割なども説明しました。

その後、アップライトピアノの説明に移りました。アップライトピアノを所有されているご家族もいらっしゃたので、側のはずし方等も一緒に見ていただきました。

アップライトの説明の後に、消音ピアノの説明もしました。そして、ナイトーンの説明もしてお子さんに弾いてもらいました。すると「タッチが全然変わらない」「ウチのと全然違う」などの感想をいただきました。

そして、参加者さん達に調律体験をしてもらいましたよ。初めにざっと調律や道具の説明をして、お手本を見ていただいてから、体験に突入です。

今回はお子さんが多くいらっしゃるということでしたので、背の低いピアノで調律体験をしてもらおうと用意しましたが、それでも身長が足らないであろうと思い、踏み台も準備しました。

お子さんたちは、おっかなびっくりチューニングハンマーを握り、ピンを回そうとしましたが、中には力が足らない子もいたので、一緒にハンマーを操作して音が変わっていく様子を体験してもらいました。全員のお子さんに体験し終えた後に、保護者様にも体験していただきました。

こちらも中々苦戦されていましたが、滅多に出来ることでは無いので皆さん喜んで下さいましたよ。

これら体験の他にクイズや質疑応答なども交えながら、1時間半の講座が無事終了しました。皆さん楽しんでいただいたようで、これを機に一層ピアノに親しんでいただければと思います。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にこにこ納品 ヤマハ W103

納品調律にお伺いしました。

こちらはヤマハのW103というチークの木目がとても綺麗なピアノです。

ショールームには初め奥様お一人でお越し下さいました。お話を聞くと、お嬢さんが通っているピアノの先生に「そろそろ本物のピアノで練習させてあげたいですね。」という何時ものケースでした。2年ほど前に弊社でjピアノをご購入下さった方がご近所にいらして、同じピアノ教室に通っていて、その方から弊社を紹介いただき、ご来店下さったということでした。

ショールームでは黒色のピアノにはあまり目が向かず、木目のピアノに吸い寄せられるように近づいて行かれました。数ある木目のピアノを色々弾き比べていく中で2台のピアノに候補が絞られたようです。

その2台のうちの1台がこちらのヤマハのW103で、もう1台がBERGMANNのU-121でした。ヤマハは直線的なデザインで、BERGMANNはネコ脚で曲線的なデザインが特徴でした。

ただ、この日はピアノを弾くお嬢さんがいらっしゃらなかったので、2台に絞り後日お嬢さんを連れてお越しくださるということになりました。

その次の週にお約束通りお嬢さんとお二人でご来店下さいました。お二人で2台のピアノの間を行ったり来たりしながら、悩んでおられました。お嬢さんは曲線的なデザインのBERGMANNの方が気に入っているようでしたが、奥様は直線的なデザインのヤマハの方が気に入っているようでした。

そこはお二人でじっくりとお話し合いをして、最終的にお嬢さんも気持ちよくヤマハのピアノを購入することに同意してくれて、ご契約となりました。

後日、納品調律にお伺いしました。

ピアノは2階に設置する為、クレーン車も一緒に現場に到着しました。クレーンの作業環境が良かったので、作業はとてもスムーズに進みました。

納品後、調律を見ていただき、ご家族一緒に内部説明も聞いてもらいましたよ。お嬢さんはもちろん喜んでいただけましたが、奥様にも喜んでいただけました。

こちらも、またまたご紹介でピアノをご購入いただき、大変嬉しかったです!!

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ヴォイテックサロンで発表会

ヴォイテックサロンにてピアノの発表会が行われました。

お世話になっているお二人の先生が、合同でされているピアノの発表会で今回2年ぶり2度目の開催となりました。

スタインウェイのグランドピアノを使用しての演奏となりますので、普段のピアノとの違いを感じてもらえるかな?

緊張した面持ちのお子さんや、お子さんより緊張気味の親御さんやお祖父さんお祖母さん達が大勢お越し下さいました。

皆さん日頃の練習の成果を発揮しようと頑張りました。

中には少し間違えてしまったり、途中で曲が止まってしまったりと、一生懸命ながらも色々な演奏が披露されました。

聞いている分には、一度も間違えずに完璧に弾けたような子でも、自分の中では納得できずに悔しそうにしている子や、とても満足気な子と様々な表情を見ることが出来ました。

最後には先生二人の連弾も披露され、とても良い雰囲気の中発表会を執り行う事が出来ました。

集合写真を撮る際には、皆さん笑顔笑顔でしたよ!

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にこにこナイトーンプロ取付け カワイ US-50

ナイトーンプロフェッショナルモデルの取り付けに愛知県の長久手市にお伺いしました。

お客様はご家族でショールームまでナイトーンの試弾にお越し下さいました。お話を聞かせていただくと、ご実家にあるピアノを今お住まいのマンションに移動してナイトーンを取り付けたいとのこと。

何はともあれナイトーンプロフェッショナルモデルを取り付けたピアノを試弾していただきました。するとすぐに「これならマンションでも問題ないね」とか「タッチが変わらないね」等と、いきなりの好印象でした。

ピアノの先生からは「本物のピアノでレッスンさせてあげたいですね」という話をずっとされていたようで、いよいよ真剣にピアノをどうするか検討されていたようです。しかしながら、マンションということもあり二の足を踏んでいたということでした。

ピアノを本当に移動出来て、設置も可能なのか等を確認したいということで、その日は一旦お帰りになり、後日お電話にて正式なご注文をいただきました。

当日午前中にお伺いしてピアノの状態などを把握し、取り付け作業に取り掛かりました。ピアノ自体はそれ程大きな調整ではないのですが、厳密な取り付けになる為、各所の調整をしてからナイトーンのフェルトユニットから制作開始です。

作業は順調に進み、お昼過ぎにはフェルトユニットの取り付けが終わりましたので、昼食の為一旦お宅を出ました。

午後一番からはタッチ可変ユニットの取り付けに入りました。こちらの取り付けにも少し加工が必要でしたが、順調に取り付けが進み、無事取付完了となりました。

その頃になると、お嬢さんが帰宅されて、ピアノの内部や作業に興味津々でしたよ。

その後、調律をして全てのバランスチェックをしてナイトーンプロフェッショナルモデルの取付と調律が終了しました。

ここまで作業すると、ほぼ丸一日作業となります。細かい作業で疲労もありますが、ナイトーンプロフェッショナルモデルの取り付けが終わったピアノをお客様に弾いていただくと「これならマンションでも気兼ねなくピアノが弾ける♪」とか「弾きやすい~」などと喜んでいただけるので、それだけで疲れも吹っ飛んでしまいますね。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にこにこ納品 OHHASHI No.132 ナイトーンプロ付き

納品調律にお伺いしました。

こちらはOHHASHI(大橋)ピアノのNo.132にナイトーンプロフェッショナルモデルを取り付けたピアノです。

OHHASHI(大橋)ピアノと言えば知る人ぞ知る幻のピアノです。4500台位しか生産されていないピアノで、状態の良いピアノは中々出てこないのでとても貴重です。

そのOHHASHI(大橋)ピアノにナイトーンプロフェッショナルを取り付けたスペシャルなモデルとなっております。

ご夫婦とお嬢さんでショールームにお越しくださったのですが、マンションにお住まいということで、何かしらの音対策は必要であるという認識でピアノを見に来られました。それなので、ナイトーンを先ずご説明してその特徴やタッチの良さなどを試弾で体験していただきました。すると、ナイトーンの仕組みやタッチの良さに感動していただけたようで、とても気に入って下さいました。

当時ショールームにはナイトーンプロフェッショナルを取り付けたデモ機が2台あったのですが、そのうちの1台がOHHASHI(大橋)ピアノでした。ご主人様は木目のピアノで特徴的なブランドがお気に入りのようで、奥様も好感触でした。

あとは、ご予算が合致すればOKということになり、そこはご主人様の判断でご購入をお決め下さいました。

納品調律にお伺いするとこの日は奥様が対応して下さいました。調律を済ませ内部やナイトーンの説明をさせていただくと、やはり「ナイトーンはいいですね」という感想をいただきました。

椅子が特注色での発注だったため、ピアノ納品時に間に合わなかったので、後日椅子をお届けに行くと、この日はお嬢さんがいらっしゃったので、一緒に写真を撮りました。お嬢さんもピアノをとても気に入って下さったようで、楽しんで弾いてくれているとのことでした。

 

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

タイヤでセミが羽化した!

調律などでいつも乗っている車のタイヤでセミが羽化していました。

朝、車に近づいてみると、まず始めにセミの抜け殻がタイヤに付いているのが見えたので、「もしかしてタイヤでセミが羽化したの?」と思いさらに近づいてみると、まだ羽化したばかりのセミもタイヤ上部にいるではないですか。

さらに近づきスマホで写真を1枚撮り、羽化したばかりであろうセミをアップで撮ろうとすると、流石に近づきすぎたのか、セミが飛んで逃げて行ってしまいました。

しかし、車はアスファルトの上に停めてありました。土のある所までは5m程は離れていますので、土から地表に上がったセミは程よい木を探したのでしょうね。でも、そこにあったのはタイヤでしたが、まぁいいかという感じで登り始め、ちょうどいい所で羽化を始めたのでしょう。

田舎に住んでいますが、流石にタイヤで羽化したセミを見たのは初めてのことでした。取り敢えず無事に羽化して、元気に飛んで行ったので、セミにとっては良かったのでしょう!

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にこにこ納品 WAINBACH W-5C

 

納品調律にお伺いしました。
 
こちらはWAINBACHのW-5Cというモデルでチークの色合いや木目が綺麗なピアノです。ショールームにはご家族皆さんでお越し下さいました。
 
 
ピアノをご検討されるご家族の中で、奥様が主導権を持ち積極的に関わるケースが多いのですが、こちらのご家族はご主人様が積極的にピアノを色々触れて選んでいる様子でした。
 
奥様は下のお子さんがまだ小さいので、そちらに気を取られていらっしゃる様でした。
 
先ずはじっくりと色々なピアノの弾き比べをしていただき、その後ご主人様とお話をさせていただきました。すると、基本木目のピアノがご希望ということでした。リビングの家具や雰囲気には黒艶出し塗装のピアノは合わないというご意見でしたので、ご予算や木目でも明るめのこちらのピアノをお薦めさせていただきました。
 
実際に弾くのはお兄ちゃんでしたので、弾いてもらうと「これがいい!」と気に入って下さった様子でした。その後、奥様にもご相談やご説明をさせていただきました。奥様的にはお子さんにピアノを買うのはまだ少し早いのではというような感じでしたが、ご主人様が「今思い切って買わないと、もうこの先買わないと思うよ」と猛プッシュをして下さってのご購入となりました。
 
納品調律にお伺いすると、この日はご主人様以外の皆さんがお揃いでした。調律や内部説明を一緒に聞いていただきましたよ。
 
奥様に設置してみての感想をお聞きすると「主人はこの木目のピアノにして良かった。部屋の雰囲気に合うよ」と喜んでくれたそうです。
 
ピアノは楽器としての音や機能はもちろん大切ですが、調度品や家具の一部との考えも出来ますので、気に入って下さって、こちらも嬉しい限りです!!

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

象牙鍵盤漂白

久しぶりに象牙鍵盤のピアノが入荷しましたので、黄ばんだ鍵盤を漂白することにしました。鍵盤の漂白には日光の紫外線を利用するため、天気の良い日しか作業が出来ませんので、ちょうど良い日を見計らっての作業となりました。

鍵盤を並べ、半紙を掛けてその上から漂白用の過酸化水素水を塗っていきます。

この作業をしている途中に「せっかくの象牙鍵盤の漂白作業なのに、黄ばんだ状態の写真を撮り忘れた」とちょっとがっかりしましたが、まあそんなこともあるさ、と気分を切り替え経過を見守ります。

何度か塗り直しをして、漂白具合を確かめながらその回数を決めて行きます。この日は天気が良かったので、朝から始めてお昼には漂白が完了しました。

ピアノに戻して作業終了です。

こちらはアトラスのA5という良いグレードのモデルで、マホガニーの外装とネコ脚と象牙鍵盤という非常に贅沢な仕様となっています。

ショールーム展示中ですので、ご興味のある方はご連絡下さい。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ