象牙鍵盤漂白

久しぶりに象牙鍵盤のピアノが入荷しましたので、黄ばんだ鍵盤を漂白することにしました。鍵盤の漂白には日光の紫外線を利用するため、天気の良い日しか作業が出来ませんので、ちょうど良い日を見計らっての作業となりました。

鍵盤を並べ、半紙を掛けてその上から漂白用の過酸化水素水を塗っていきます。

この作業をしている途中に「せっかくの象牙鍵盤の漂白作業なのに、黄ばんだ状態の写真を撮り忘れた」とちょっとがっかりしましたが、まあそんなこともあるさ、と気分を切り替え経過を見守ります。

何度か塗り直しをして、漂白具合を確かめながらその回数を決めて行きます。この日は天気が良かったので、朝から始めてお昼には漂白が完了しました。

ピアノに戻して作業終了です。

こちらはアトラスのA5という良いグレードのモデルで、マホガニーの外装とネコ脚と象牙鍵盤という非常に贅沢な仕様となっています。

ショールーム展示中ですので、ご興味のある方はご連絡下さい。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です