浜松国際ピアノコンクール出場者がご来店

昨日第10回浜松国際ピアノコンクールの優勝はトルコのジャン・チャクムルさんに決まりましたね!おめでとうございます。カワイ楽器のSK-EXを使用しての優勝ということで、河合楽器は前回に続きSK-EXを使用した演奏者が優勝したことで、喜びも大きいでしょう。

そんな中、今日コンクールに参加していた出場者の一人で韓国人の「チョン・ヨンソプ」さんがご来店下さいました。

弊社のお客様のお宅にホームステイしている縁で、ショールームにあるスタインウェイを弾きに来てくれました。

さすが、コンクール出場者ということで迫力のある演奏を聞くことが出来ました。

2時間以上スタインウェイを中心にヤマハを弾いてみたりと、とても楽しそうでした。

彼は日本語がペラペラでしたので、色々なお話を聞けて楽しかったです。

浜松国際ピアノコンクールでは、ヤマハ・カワイ・スタインウェイの中から1台を選ぶのですが、10分で選ばなければならないという事でした。1台につき3分ほどしか時間が無いので自身のインスピレーションで選んでいくそうです。

だた、コンクールによっては選ぶ時間が3分しか無いところもあり、中々難しいとのこと。

日本語での会話に何の不自由も無いレベルで、さらに英語やドイツ語も出来るそうで、やはりこのレベルのコンクールに出る方は頭脳明晰な方ばかりだなぁと思いましたよ。

とても楽しそうにピアノを弾くのが印象的でしたが、彼が嬉しいことを言ってくれましたよ。

「このスタインウェイはドイツで習っていたときのスタインウェイと同じ感じがして、とても弾きやすいし、音が抜群だ。」とそして「ドイツにいる頃のことを思い出して楽しく、気持ちよく弾けました。」とのコメントを頂けました。

来月まで日本に滞在されるようなのですが、残念なことにその後は兵役があるので、一旦ピアノとは離れ、軍隊に行かなければならないという事でした。

そんな話を聞くと日本は恵まれているなぁとも思いました。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です