トヨタ 田原工場に行ってきた

トヨタ自動車の田原工場へ工場見学に行ってきました。

行きたくても中々予約が取れずにいたのですが、ようやく予約が取れたので、息子の振り替え休日を利用して行ってきました。

トヨタ自動車の国内工場では最大規模を誇る田原工場で、主にフレーム車を生産しています。

フレーム車と言えば、ランドクルーザー、ランドクルーザー・プラド、ハイランダーなどのRV車ですね。

先ずは受付をするため、指定された建物に向かうと、アルファードが停めてあり、ナンバーを見ると「見学」でした。

この建物の中で受付を済ませると、正面には3台の車が展示してありました。

受付の方が「どうぞ一緒に写真を」と勧められたので、まるで納車記念写真みたいに写真を撮ってもらいました。

こちらはレクサスのRC Fですね。5000ccのエンジンを載せるモンスターマシンです。

運転席にも座らせてもらいました。

こちらはレクサスのLSです。

こちらはランドクルーザーですね。

どの車も実際には買えないものばかりですので、運転席に座ってニヤニヤして終わりです。

このあと、アルファードに乗って工場見学に向かいました。車には運転手さんと広報の女性が一人付いてくれて、工場内をインカムを使って丁寧に説明してくれました。

そこで分かったのですが、この工場見学は1日に午前と午後で1組ずつ、つまり、1日に2組しか受け入れていない為、予約が取れなかったということでした。自分たち3人だけの為に広大な工場を説明して廻ってくれるという事で驚きました。

実際の工場内は撮影が不可ですので、工場入口に展示してあった、海外輸出用のランクルの前で写真を撮って、工場の中に足を踏み入れました。

ビデオを5分ほど見てから工場内に進みました。先程運転手をしてくれた方が工場内の安全誘導員のように、我々の前を進み、工場内で行き来する部品運搬車を止めたり、通路を渡る合図をしてくれたりしました。

広報の女性が色々詳しく説明をしてくれて、車が組みあがって行く工程を間近に見ることが出来ました。トヨタの本社工場の工場見学の場合、工場を見渡せる高い位置に設置された通路から全体を見渡す様な見学方法なのですが、田原工場の場合、実際に作業しているフロアまで立ち入ることが出来、グランドレベルで作業を見る事が出来ました。

作業員さん達が作業しやすい様、体に負担がかからない様、ラインや治具、作業工程が工夫されていて感心しました。

一通り工場を見学した後、ヤードと呼ばれる完成した車を自動車運搬船に積み込むところも見せてもらいました。

自動車運搬船には約5000台の車が積めるという事で、2日~3日かけて積み込むそうです。この日はちょうど最後の積み込み作業のところで、自動車運搬船後部の積み込み口ギリギリまで車が積まれていました。

広報の女性によると、こんな光景は滅多に見られないとのこと、広報の方も始めて見たと言ってましたね。

このヤードに立ち入る事が出来るのは、工場に勤めている社員さんでもかなり制限されていて、中々入れないということでした。

ヤードの見学が終わると、全ての見学工程が終了となり、最初の建物に戻って来ました。最後に子供にお土産でレクサスのプラモデルをいただきました。子供も楽しかったようですが、大人が楽しめる工場見学でした!

田原工場への通りすがりに、ブラックサンダーで有名な「有楽製菓」さんの工場がありましたので、こちらにも寄ってみました。こちらは工場見学は無いのですが、直売場があり、ブラックサンダー詰め放題がある事は知っていたのでどんなものか話のネタになればと・・・。

ビニール袋に入るだけ詰め込んでいいということで挑戦してみました。ビニールは伸縮性が全く無い素材でしたので、伸ばしたりすることは出来ません。

丁寧に詰め込んでいくと、なかなかの成果ではないでしょうか?1回1000円で、通常1個30円なので、33個以上入れる事が出来れば元を取ったことになるのですが、果たしていくつ入ったでしょうか?

家に帰ってから数えてみたのですが、なんと42個でした。 ただ、上には上がいるようで、50個入れた人もいるそうな。

ロビーにはこんなトリックアートもあり、面白かったです。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

「まちゼミ」 この春 2回目開催!

先日、この春2回目となる「まちゼミ」を開催しました。

今回も応募者多数で抽選となりました。先ずはいつもの座学からスタートです。

座学は簡単に短時間で済ませるように心がけています。

その後、グランドピアノの解体講座に移っていきます。やはりグランドピアノのアクションを引き出すと、皆さん驚かれるので、そのリアクションを見るのも楽しみの一つです。

お子さんに見やすいよう、低い位置にアクションを設置して、より近くで見てもらいます。

グランドピアノの構造やペダルの働きなども説明すると、皆さん驚かれますね。

最近恒例となった、弦の上にピンポン玉を置いて、弦の振動で跳ねる様子を見てもらう際には、実際お子さんたちに鍵盤を叩いてもらっています。皆んな喜んで鍵盤を触りに来ますよ。

グランドピアノの次はアップライトピアノの構造や音の出る仕組みを説明します。

最後にお子さんと親御さん達に調律体験をしてもらいます。

お子さんはチューニングハンマーを回す力が無い子もいますので、手助けをしながら音の変化を感じていただいています。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

「まちゼミ」にTV取材が!

もう既に何度かご案内したことがある「まちゼミ」を昨日開催しました。内容は前回と同じ「ピアノの中はどうなっているの?」となっているのですが、今回は何とテレビ静岡の取材を受けました。

テレビの取材は久し振りで、「まちゼミ」の取材としては初めての事でした。

まちゼミに参加いただけた方にもゼミ開始直後にテレビの取材が入ることをご了承頂き、プログラムを進めました。

テレビカメラがあるせいか、いつもよりお子さんたちの表情が硬いようにも見えました。

いつも通り、ピアノの歴史などの座学から始め、グランドピアノの解体へと移って行きました。

オルゴールを使ったり、ピンポン玉を使ったり、クイズを出したりとお子さんが飽きないように工夫して説明していきます。

この頃になると、少しテレビカメラにも慣れてきたでしょうか?

グランドピアノの次はアップライトピアノを解体しての説明に移ります。

自宅にアップライトピアノがあるお子さんもいらして、興味津津な様子。

鍵盤も外して、触れていただきました。

その後にお待ちかねの、調律体験をしていただきました。

チューニングハンマーを握るのも、もちろん初めてですので、ハンマーを操作する為には結構力がいる事も感じてくれたようです。「動かない~」とか「固~い」とかピンを回すのに一苦労でした。

手助けをしながら、お子さんにも保護者の皆さんにも調律を体験していただきました。

大人の方も「簡単そうに見えて難しかった」とか「音の変化がつかめない」等の感想をいただきましたよ。

こうして、実際にピアノに触れていただくことで、少しでもピアノに親しみを抱いて下さればいいなぁと思います。

この様子は本日のお昼のニュースで流れましたので、偶然見ていただいた方もいるかもしれませんね。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

明けましておめでとうございます。

明けましておめでどうございます。

新春を寿ぎ平素のご厚情に感謝いたしますと共に、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

弊社としては、本日より通常営業開始です。

今年もより良い1年となるよう頑張っていきましょう!

年末に床のワックスがけをしたので、ピカピカです。

 

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ発表会 ヴォイテックサロンで開催

先日、ヴォイテックピアノサロンにて、普段調律にお伺いしている、ピアノの先生お二人合同で、ピアノ発表会が開催されました。

まだ誰もいない会場です。

この後、続々と出演されるお子さんと、そのご家族がいらっしゃいました。

会場はほぼ満員で、発表会の開始を待っています。

緊張の面持ちで、真剣にピアノに向かっています。

上手く弾けた子も、少し満足いかない演奏の子も皆んな一生懸命集中して弾いていましたよ。

途中、サックスの演奏もあり、雰囲気が変わり新鮮でした。

プログラム最後は先生2人の連弾で発表会は拍手の中、終了しました。

皆んな笑顔で記念撮影。 笑顔で楽しい発表会でしたよ。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

浜松国際ピアノコンクール出場者がご来店

昨日第10回浜松国際ピアノコンクールの優勝はトルコのジャン・チャクムルさんに決まりましたね!おめでとうございます。カワイ楽器のSK-EXを使用しての優勝ということで、河合楽器は前回に続きSK-EXを使用した演奏者が優勝したことで、喜びも大きいでしょう。

そんな中、今日コンクールに参加していた出場者の一人で韓国人の「チョン・ヨンソプ」さんがご来店下さいました。

弊社のお客様のお宅にホームステイしている縁で、ショールームにあるスタインウェイを弾きに来てくれました。

さすが、コンクール出場者ということで迫力のある演奏を聞くことが出来ました。

2時間以上スタインウェイを中心にヤマハを弾いてみたりと、とても楽しそうでした。

彼は日本語がペラペラでしたので、色々なお話を聞けて楽しかったです。

浜松国際ピアノコンクールでは、ヤマハ・カワイ・スタインウェイの中から1台を選ぶのですが、10分で選ばなければならないという事でした。1台につき3分ほどしか時間が無いので自身のインスピレーションで選んでいくそうです。

だた、コンクールによっては選ぶ時間が3分しか無いところもあり、中々難しいとのこと。

日本語での会話に何の不自由も無いレベルで、さらに英語やドイツ語も出来るそうで、やはりこのレベルのコンクールに出る方は頭脳明晰な方ばかりだなぁと思いましたよ。

とても楽しそうにピアノを弾くのが印象的でしたが、彼が嬉しいことを言ってくれましたよ。

「このスタインウェイはドイツで習っていたときのスタインウェイと同じ感じがして、とても弾きやすいし、音が抜群だ。」とそして「ドイツにいる頃のことを思い出して楽しく、気持ちよく弾けました。」とのコメントを頂けました。

来月まで日本に滞在されるようなのですが、残念なことにその後は兵役があるので、一旦ピアノとは離れ、軍隊に行かなければならないという事でした。

そんな話を聞くと日本は恵まれているなぁとも思いました。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

 

浜松国際ピアノコンクールに行ってきた

浜松国際ピアノコンクールの1次予選初日に行ってきました。

今回第10回目を迎える浜松国際ピアノコンクールですが、回を重ねるごとに認知度が上がっている感じがしますね。

以前でしたら1次予選などは、当日ふらっと行ってもチケットを買えたのですが、昨日は当日券が150枚出ると発表されていましたが、昼前には売り切れていました。

2次予選以降の前売りチケットも完売で、週明けの1次予選では若干残っているようですが、当日券は午前中には売り切れてしまうことでしょう。

今回のコンクールもヤマハ、カワイ、スタインウェイの3社のコンサートグランドの中から、演奏者が好みのピアノを選んで本番で使用します。

その為ステージ上には3台のピアノが並び、演奏者ごとにピアノの入れ替えを行うのが見れたり、3社のコンサートグランドの音や響きの違いを聞くことが出来るのも、浜松国際コンクールの楽しみの一部ではないでしょうか。

演奏者の皆さんは集中して人生をかけた演奏をされますので、緊張感が漂います。ただ、昨日は一人の演奏者さんが残念なことに演奏時間オーバーをしてしまい、演奏途中でステージを後にした時の悔しそうな表情が印象的でした。

演奏中に突然響く演奏時間終了のベルの音には聴いているこちらも「ドキッと」しましたので、演奏者の心中察すると何とも切なくなりますね。(失格になるという訳ではないのですが・・・)

お昼の休憩時間にはメーカーが誇る調律師さんが、ピアノの調整をしている姿を見ることが出来ます。メーカーの威信にかけて自社のピアノを選んでくれたピアニストに、最高の演奏をさせてあげたいとの意気込みが感じられます。

浜松国際ピアノコンクールは始まったばかりですので、これから行かれる方は世界中から集まった若手ピアニスト達の演奏を楽しんでいただければと思います。

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ズミ山頂 食する

先日、静岡市に調律に行った際に、和菓子屋さんの「田子の月」の前を通ったので、「ズミ山頂」を買ってみました。

ラジオ局、K-MIXと田子の月のコラボ企画で誕生した「ズミ山頂」

ほぼ毎日「ラジラ」を聞いているので、刷り込まれており、自然と田子の月さんに入って行く自分は密かなズミさんファンか?

こちらは通常の定番お菓子「富士山頂」

それとついでに昔からの大定番の「もなか」も一緒に購入しました。

ズミ山頂と富士山頂を並べてみました。

左が富士山頂、右がズミ山頂。

どちらも美味しくいただきましたよ。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

この夏、2回目の「まちゼミ」開催!

この夏、2回目の「まちゼミ」を開催しました。

今回も多数のご応募をいただき抽選の結果、6組みのご家族が当選となりました。

ただ当日に1組のご家族のお子さんが体調を崩され、5組のご家族に講座を受けていただきました。

 

今回は新たにハンマーが弦を叩く強さを実際に感じてもらおうと、ハンマーの上に手をかざしていただき、鍵盤を叩いてみました。

ハンマーが手を叩くことになるので、どのくらいの勢いや力で叩くか感じてもらいました。

最高音と最低音を試していただき、ハンマーの大きさや形状で手に伝わる衝撃の違いも試してもらいました。

それと、弦の上にピンポン玉を置いて音を鳴らし、弦の振動を目で見える形で感じてもらおうと試してみました。

これにはお子さんがとても興味を示してくれて、我先にと鍵盤を叩き、上手くピンポン玉が跳ねると、とても喜んでくれましたよ!

グランドピアノの説明の後は、2階のアップライトの説明に移ります。

お子さんに鍵盤を外す体験もしてもらいました。

皆んな恐る恐る鍵盤を外していました。

その後、恒例の調律体験を皆さんにしてもらいました。

お子さんは背が足らないので、踏み台を用意しているのですが、それでも届かない子がいましたので、椅子の上に乗ってもらい、体験した子もいました。

大人の方も皆さん体験していただき、「微妙すぎる~」とか「1本合わせるのにすごく時間がかかる~」「調律師さんは1台どのくらいの時間で調律するの?」なと感想は様々でした。

「まちゼミ」は今後も続けていきたいと思いますので、色々工夫して今までやったことの無かった体験も織り交ぜて、回を重ねるごとにグレードアップ出来るよう、皆さんに楽しんでいただけるように改善していきたいですね。

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

スター・ウォーズinコンサートに行ってきた

スター・ウォーズinコンサート JAPAN TOUR 2018 に子供達と行ってきました。

もともと何かのタイミングで子供達にオーケストラの演奏を生で聞かせたいなぁとは思っていたのですが、普通のクラッシックコンサートだとまだ連れて行くには不安がありました。

そこへ子供達が大好きなスター・ウォーズのシネマコンサートが浜松に来るという事でしたので連れて行くことにしました。

指揮:ニコラス・バック 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団、という豪華なフルオーケストラによる演奏と映画のコラボいうことで期待が高まります。

会場の螺旋階段の前でキャラクターとの写真撮影をすることが出来るコーナーがあったので、早速子供達と並びましえた。

螺旋階段を登ると、そこにもライトセイバーを持って撮影出来るコーナーもあったので、こちらでも写真を撮りました。

グッズ販売もしていて、長男は復刻版のポスターを2枚とCDを買ってご満悦でした。

次男はそれ程欲しいモノが無かったようで購入はせず、会場でQRコードを読み込みディズニーに登録をするともらえるピンバッチをゲットして満足していました。

大ホールに入ると、正面にスクリーンが準備され、お馴染みの「STAR WARS」の文字が映し出されていました。

舞台にオーケストラが並び、その上にスクリーンが張られていて、映画の映像を見ながら、オーケストラも見えるステージになっていました。

まだ開演までには時間があったので、舞台の目の前まで行き、指揮台も見て来ました。通常では無いモニターが正面にありました。開演してから分かったのですが、モニターには指揮のタイミングを指示する緑のラインが左から右に流れて行くのが見えました。

イメージで言うと、「太鼓の達人」の用に、映像とのタイミングが計れるようになっているようでした。

開演直前には先程一緒に写真を撮った、ストームトルーパーとチューバッカとレイが会場内に入ってきて、おもむろに席に座りました。

ストームトルーパーはヘルメットを脱ぎ、次々とプロテクターを外していき、身軽になって鑑賞していましたよ。

チューバッカとは席が離れていたので、どうしたのかは見えませんでしたが、まさかその格好で入ってくるとは思っていなかったので驚きました。

いよいよ開演となり、あのお馴染みのテーマ曲が流れるとワクワクしていると、まず始まったのは20世紀フォックスのファンファーレが演奏され、会場は「まさかそこから?」という空気で笑いに包まれ雰囲気は最高潮に。

そして「遠い昔、はるかかなたの銀河系で・・・」と字幕が流れ、スター・ウォーズのテーマ曲が演奏されると一気にスター・ウォーズの世界に飲み込まれていきました。

映画の効果音はそのままに、音楽は全てオーケストラによる演奏でとても感動しました。

子供達も楽しかったようで、終演時一生懸命拍手をしていました。会場もとても良い雰囲気で拍手が鳴り止まず、指揮者のニコラス・バックさんが4回も挨拶をしてようやく終了となりました。

いや~楽しかったです。行ってよかった!!

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村