ペダルが壊れた~

いつも調律にお伺いしているお客様から「右のペダルが壊れた~」「下に下がったままで使えない」とのお電話をいただきました。

アップライトピアノでしたので、その様なケースの場合の予想を幾つかしてお伺いしました。

実際にピアノを見てみると、確かにペダルが下がったままになってしまっていたので、下前板を開けてみると、ペダルと天秤棒とを繋ぐ金具が折れてしまっていました。

ペダルと天秤棒を繋ぐポイントが直線で結べない構造で、金具自体2箇所で曲げてポイントを合わせる構造だったので、 経年変化による金属疲労で破断したようです。

ピアノがアトラスピアノだったので、部品を扱うお店に問合せをすると、そのパーツ自体もう無いという事でした。

ただ、詳しく聞くとストレートの金具はあるという事でしたので、取り敢えず購入して、自分で合うように加工する事にしました。

一応2本金具を買い、オリジナルのものに極力近い形になるよう、バーナーで加熱して曲げていきました。

2本とも角度的にはほぼオリジナルと同じ角度と幅に曲げることが出来たので、焼きを入れて取り敢えず完成です。

実際にピアノにはめてみると、バッチリ合いペダルが復活しました。

ただ、ここの写真を撮り忘れたことが悔やまれます。

写真には破断したオリジナルのものと自分で曲げたものが写っていますが、実際にピアノの修理として使ったのはもう少し上手く出来た方を使用しました。

作業を終えてから、写真を撮り忘れたことに気づき、作業場で採用しなかった方の試作品を写真に収めました。

お客様もまさか金具の破断が起きているとは思わず、しかもメーカーも部品も無くなってしまっているという事でしたので、直らないと思っていたらしく、直ったペダルを見てとても喜んで下さいました。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です