にこにこ納品 カワイ K-48 クリーニング

お客様から「家を建て替えるので、その間にピアノのクリーニングをしたい」とのご相談を受けました。

ピアノを引き取って工房でお客様と、何にどれだけの予算で手を加えるか等をじっくりとご相談をしました。

建て替え期間は半年以上あるので、しっかりとしたメンテナンスをしたいとのご希望でした。それと、ご予算をしっかりいただけたので、ピンと弦の全張替えとダンパーフェルトの貼替えと弱音装置の取付けをする事になりました。

ピンと弦を張り替えると見た目の印象もとても良くなりますね。

もちろん音も伸びやかな若々しい音になります。

年代を経たピアノの枯れた音も良いものですが、手を加えれば新品当時の様な音に近づけることも出来ますよ。

今回はハンマーは当時のものをそのまま使い、ダンパーフェルトは貼替えをしました。

音の止まりが良くなりますね。

雑音無く、すっと止まります。

鍵盤を研磨して、外装もピカピカです。

弱音装置はドイツ製のヤーンを取り付けました。

鍵盤棚板の下にレバーを取付け、このレバーで弱音装置を操作します。

ご納品後、お客様とお話をすると「とても綺麗になって、大満足です」とのお声をいただきましたよ。

年代を経た2本ペダルのピアノでもしっかりとしたメンテナンスをすれば、まだまだ弾く事が可能です。思い入れのあるピアノは大切にしたいものですね。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です