にこにこ納品 ヤマハ U3G

納品調律にお伺いしました。

私が毎年調律にお伺いしているピアノの先生のご紹介で、ショールームにご家族3人でお越しくださいました。

ご主人様が小さい頃にピアノをレッスンされていて、当時自分が使っていたピアノの音がとても好きで、その音に近いものがご希望とのことでした。

ショールームでじっくりと2時間くらい試弾して好きなピアノを並べてみると、ヤマハのU1G・U2G・U3Gと3台ともGが付く品番のピアノでした。

違いと言えば、背の高さが121cm・125cm・131cmと品番が大きくなるほど背が高くなるということでした。

音色的にはどれも気に入ってはいただいたのですが、サイズで少し悩みましたが、やはり音量的にも低音の響きを比べてみると、3型に軍配が上がりました。

ちょうどご主人様が小さい頃に良く聞いていらしたピアノと、全く同じ機種のピアノでしたのでよけいに好印象だったようです。

そんな経緯で気に入ったピアノを一旦取り置きとして、この日はお帰りになったのですが、翌日すぐに再来店頂き、ご購入下さいました。

納品調律にお伺いすると、奥様とお子さんがいらしたので、一緒に調律をご覧いただきました。

調律後、内部の構造や仕組みをご説明させていただき、作業終了です。

これから毎日楽しくピアノを弾いてくれることでしょう!

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

にこにこ納品 カワイ US-5X

納品調律にお伺いしました。

こちらはカワイのUS-5Xというピアノです。サイズは1型なのですが、グランドピアノと同じ鍵盤蓋で大型譜面台を持つこのサイズにおける上級機種ですね。

お店にはご家族皆さんでお越し下さいました。

2階のショールームにご案内するとお嬢さんがすぐにピアノを弾き出し、次々と弾き比べを始めました。

どうもカワイのピアノがお好みのようで、カワイのピアノを中心に弾いていました。すると、10分もしないうちに「このピアノがいい」「この音が好き」と、こちらのカワイUS-5Xを指差していました。

その後にご両親と色々、住環境や音量の話などを進め、他のピアノも試していただきました。中には背の高い132cmのUS-7Xもあったので、弾いてもらいましたが、そこまでの音量が必要では無いという事と、少し圧迫感が出るからとの理由で選択肢から外れました。

あと、BL-51やNS-25などのピアノも弾いてもらいましたが、お嬢さんとしては「絶対このピアノがいい!」と主張が変わらなかったので、ご両親納得の上、こちらのピアノをご購入下さいました。

納品調律にお伺いしました。この日はまだお子さん達が帰宅されていなかったので、ピアノのみの撮影となりました。

お祖母様が対応をしていただいたので、少しお話をさせていただくと「やっぱり本物のピアノの音は良いね~」「デジタルピアノとは全然違うわ~」と感心して下さいました。「孫も嬉しそうに弾いてたよ」とも仰っていただきましたので、これから毎日ピアノを弾いいてくれることでしょう!

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

4月30日・5月1日はお休みをいただきます

4月30日と5月1日の2日間、ショールーム営業はお休みとさせていただきます。

5月2日・3日・4日・5日・6日は通常のショールーム営業をいたしますゴールデンウィーク期間中に、ご来店の予定をされているお客様は5月2日以降の期間にお越し下さいますよう、お願い申し上げます。

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村

「羊と鋼の森」観てきました

先日、ピアノ調律師を題材にした話題の映画、「羊と鋼の森」を早速観て来ました。ピアノ調律師協会も猛プッシュしていて、協会の会報にはリーフレットが何枚か入っていましたね。

 

北海道の旭川市を舞台に繰り広げられるお話で、派手さは無いですが、とても美しい映像と音で、あっという間に2時間が過ぎ去りました。

映画化するにあたって、原作と比べ大きく筋が変わることがよくありますが、この作品はかなり原作に沿った造りで、よくまとまっていたと思います。

内容に関しては、ネタバレになってしまうこともあるので、割愛しますが、若き調律師が悩みながらも壁を乗り越えて成長していくストーリーは、自分とも重なる部分もあり、静かな感動を得ることが出来ました。

それにしても、調律師を演じる山﨑賢人さん、三浦友和さん、鈴木亮平さん、秋野匡史さんの演技が素晴らしかったですね。調律の作業や振る舞いがとても自然で、ほどよく歳が離れている4人が世代や立場によって話すセリフが、「分かる分かる」ってな感じで・・・。

もちろんピアノのことや調律のことが分からなくても、映画として楽しめる作品になっていますので、興味のある方は是非ご覧下さい。

平日の昼間に観に行ったので、とても空いていました。

 

シネコンの発券機は年配の方には使いづらいようで、何度もやり直したり、係りの方を呼んだりとチケットを買うのにとても時間が掛かっていましたね~。

 

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為, ↓↓↓下のピアノのボタンをポチッと応援お願いし ます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます

新年けましておめでとうございます。

仕事始めはナイトーンのタッチ可変システムの製作研修です。

1%e6%9c%88%ef%bc%94%e6%97%a51

従来のナイトーンは、多層構造のフェルトでハンマーの衝撃を吸収する原理により、フェルトの厚み+αのレットオフ(接近/弦とハンマーの間隔)を遠ざけます。独立多層フェルトのみの製作の場合には、通常演奏時では若干のタッチの変化が伴いますが、タッチ可変ユニットを組込むことにより、本来のピアノのタッチが100%変化なく保つことを可能にします。

1%e6%9c%88%ef%bc%94%e6%97%a52

このタッチ可変ユニットを制作するため1年前と同様、開発者の田上さんにお越しいただき4日間の研修がスタートしました。

1%e6%9c%88%ef%bc%94%e6%97%a53

本日1台目にヤマハのMC301に取り付けを行いましたよ。取り付け作業の流れを把握できたので、残りの研修でしっかりとマスターしたいと思います。

 

 

リニューアル前のブログで大好評だった530件以上の「お客様の声」はサイト上部の ★お客様の声 に掲載してあります。是非ご覧ください。(スマホの場合はMENUをクリックすると開きます)

 

ランキングサイトに登録しています。ランキングアップモチベーションの維持の為、「このブログに投票」のボタンを押してくださいね。(PCは右上、スマホは一番下にボタンがあります)

ポチッと応援お願いします。